loading...

水素情報館 東京スイソミル

  • English
  • 中文(簡体)
  • 水素情報館 東京スイソミルとは?

    スイソミルのチラシダウンロードはこちら

    水素情報館「東京スイソミル」は、
    目に見えない水素のことや誰も見たことのない水素社会の将来像を、
    見て触って体験しながら楽しく学べる総合的な学習施設です。

    さらに2階には、企業の最新技術や製品を紹介する
    展示ブースを備えたオープンライブラリーや、
    幅広い用途に対応可能な講義室を完備しているほか
    自転車を使って自ら水素を作る発電装置を常設しています。

    施設案内

    1階

    展示室は、「私たちとエネルギー」
    「水素エネルギーの可能性」「水素社会のしくみ」
    「水素社会のいま」「水素社会と私たちの未来」
    「水素社会への希望」の6ゾーンで構成しています。

    図:1階 見たいエリアをクリックしてソン!

    私たちとエネルギー

    便利で快適な生活をしていく上で欠かせないエネルギー。そのエネルギーについて、私たちや、都市が抱えている問題を解説します。

    水素エネルギーの可能性

    エネルギー問題を解決するためのひとつの方法である、水素エネルギー。そもそも水素とは何か、水素からエネルギーを作り出す方法等をご紹介します。

    水素社会のしくみ

    水素社会実現のために必要である、水素をつくる・ためる・はこぶ・つかう。全体の仕組みや、それぞれの詳細を解説、クイズ形式のゲームで復習もできます。

    水素社会のいま

    実現されつつある水素社会の街並を解説します。またスマートハウスを再現して、水素から作られた電気が家庭の中で使われる様子を紹介します。

    水素社会と私たちの未来

    水素社会が実現すると、私たちの暮らしはどのように変わっていくのか、アバター(分身)等を通じて体験してみましょう。

    水素社会への希望

    学んだことや感じたことを自由に振り返りながら水素社会の未来を思い描いてみましょう。

    図:2階

    2階

    2階は、企業展示ができる「オープンライブラリー」、
    自ら水素を作る実験ができる「H2サイクリング」、
    講習会や国内外の視察などに活用する「講義室」の
    3つのゾーンがあります。

    H2サイクリング

    自ら水素を作る実験コーナー。自転車をこぐことで発電し、水電気分解装置を通して水素を取り出します。それを燃料電池ミニカーに充填し、実際に走行させることができます。

    講義室

    50人程度を収用可能な講義室を完備しており、水素ステーションの運営に関わる事業者への講習会や国内外の視察などに活用します。

    オープンライブラリー

    様々な企業の水素関連技術を紹介。最新技術や製品を展示し、水素エネルギーの普及促進に寄与します。

    屋外

    トヨタ MIRAI、シティチャージを設置しております。

    トヨタ MIRAI

    トヨタが開発した燃料電池自動車 MIRAIを常設展示しています。
    (デモ展示は行っていない場合があります)

    ※燃料電池自動車
    …水素と酸素を化学反応させ発生した電気でモーターを回して走る自動車です。

    外部給電器

    ホンダの外部給電器Power Exporter 9000を常設展示しています。
    (デモ展示は行っていない場合があります)

    ※外部給電器
    …外部給電機能を備えた車両の電気を家庭用電源に変換し、電気製品を使えるようにします。

    シティチャージ

    太陽光パネルからの電気で携帯電話が充電できます。            

    ※シティチャージ
    …太陽光パネルからの電気でスマートフォンなどの充電が手軽にできるソーラーチャージャー(ソーラー充電設備)です。